佐賀県有田町より 車いすマラソン情報発信中


by sagaskm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:車いすマラソン( 15 )

ワークショップ2日目

九州身体障害者陸上競技教会2008 ワークショップin佐賀が行われました。
11月22日~23日

初日は・・・行っておりません(汗)
二日目は道路にたって走ってくる選手たちの様子を見る程度で何もお手伝いにはなっておりませんでしたが・・・
とりあえず、ちょっとだけ写真をアップします。
f0146577_040844.jpg

出走前に・・・

f0146577_0404230.jpg

やっと来ました!

f0146577_041668.jpg

食後に記念撮影

遠いところから来てくださったみなさん、お疲れさまでした。
来年の5月にはまたお会いしましょう!
[PR]
by sagaskm | 2008-11-24 00:42 | 車いすマラソン
陶都有田青年会議所の佐賀セラミックロード車いすマラソンでの活動が日本青年会議所の「アワードジャパン2008」で福祉部門の最高賞となる優秀賞を受賞しました!

2年前に活動をいったん停止せざるを得なくなり、その後新しい運営母体として、陶都有田青年会議所が中心となり、大会を復活させたその功績が認められました。

おめでとうございます。

以下、佐賀新聞よりの抜粋です。

アワードジャパンは全国の青年会議所の優れた活動を表彰しようと一九六〇年から開催。同部門には八つの事業がエントリーされた。
 車いすマラソン大会は一九九〇年、地元のボランティアが力を結集して始まった。例年五月、同町の一般道をコースに開催する。二〇〇六年、資金不足や作業量の負担増で終了の危機を迎えた。このとき、継続を望む声に応え、同会議所が中心となった実行委員会が引き継いだ。来年二十周年を迎える。
 表彰式は十日に静岡県であり、賞状とトロフィーを受け取った前田理事長は「受賞は協力いただいた皆さん、活動を積み重ねた先輩方の情熱のおかげ。これを励みに大会の意義を再確認し、頑張りたい」と喜びを語った

[PR]
by sagaskm | 2008-10-26 21:39 | 車いすマラソン
九州身体障害者陸上競技教会2008 ワークショップin佐賀
が行われます。
in佐賀では個々の技術力の向上や情報交換、そして親睦を深めるために開催いたします。
特に有明海に面したロードコースは自然環境に恵まれたいいコースです。
みなさんのご参加をお願いいたします。


1.日 時 平成20年11月22日(土)23日(日)


2.場 所 *練習*
22日 佐賀総合運動公園(第2陸上競技場)佐賀大和インターから車で10分
23日 白石干拓道路
*宿泊*青年会館(佐賀市日の出1丁目 ℡0952-31-2328)

3.参加料
宿泊・親睦会費 10,000円
懇親会費 5,000円
※当日受付の際にお支払いください。



4.協 力
日本障害者スポーツ指導員連絡協議会(佐賀県支部)
佐賀セラミックロードレース実行委員会
白石町ボランティアグループ

5.後 援
熊本機能病院、オムロン太陽株式会社、株式会社イシヌキ、株式会社橘木メディカル



6.スケジュール(予定)


22日 14:00 受付(立位、車いす合同)
佐賀総合運動公園(第2陸上競技場)玄関
14:30 練習開始 佐賀総合運動公園(第2陸上競技場)
17:30 練習終了   移動
19:00 懇親会 佐賀青年会館
21:00 自由時間
23日
08:00  朝食
10:00 練習(車いす、立位長距離対象) 白石干拓道路
12:00 協会として終了 解散
午後からは自由参加
12:30 昼食(希望者のみ、自費負担) (協会対応)
14:00 希望者(車椅子) 白石干拓道路
自由解散


5.申込み 別添の申込書に必要事項を記入し郵送等で申し込むこと
 ①申込締切日 平成20年11月4日 (当日消印有効)
 ②申込先 〒849-4105 佐賀県西松浦郡有田町黒川甲1551
 佐賀県身体障害者陸上競技協会 川尻 信二

詳しくは九州身体障害者陸上のHP参照してください
 
[PR]
by sagaskm | 2008-10-19 19:57 | 車いすマラソン
f0146577_23231453.jpg

前日より、実行委員会5名・私設応援団3名で行ってきました!
片道4時間ちょいの日南の旅。

宮崎日南市で行われた、第10回日南車いすマラソン大会に川尻さんが参加したのだ。
大会直前まで血圧が高かったら・・・などと言っていたのだが、血圧測定もなく、参加することに。
やはり、佐賀から応援に来たのだから、しっかり走ってもらわなくては!(とプレッシャーかける応援団)

結果は・・・やはり前日のアルコールがちょっとオーバーしていたようで、思うような走りができなかった模様です。

それにしても、国道を閉鎖してのレース。本当に贅沢です。
そして、市、社会福祉協議会が主となっての大会。
場所もたっぷりあり、交流会とかも和やかに大型テント内で行われました。
地域に高校が4つもあるということで、ボランティアも高校生が多かったようです。
ボランティアについてくださった、女子高生の華さんもかわいらしいお嬢さんでしたし♪


有田の大会もおよそあと3ヶ月弱。
今年は一般ランはなく、車いす体験を兼ねての車いすリレーを限定10チームで行うとのこと。
皆さん、是非お楽しみに!



f0146577_23233271.jpg

[PR]
by sagaskm | 2008-03-02 23:30 | 車いすマラソン

九州沖縄スペシャル

NHKで放送された「こいでこいでこぎまくれ!」プロの車いすマラソンランナー廣道純選手を取り上げていましたね。

佐賀セラミックロード車いすマラソン大会2005で優勝された方です。
高校など様々な場所に講演にいかれ、若い男子高校生のコメント。彼らのような若い子たちを引きつける生の廣道選手のお話、聴いてみたいと思いました。

ところで、車いすマラソンについて1時間もの時間をとっての番組って珍しいのではないでしょうか?

車いすマラソンに関わって6年あまり、大会自体には関わっていても車いすマラソンのレースに関わるということはなかったように思えます。

次の大会に向けて、また少しずつ活動が始まりそうです。
先日の実行委員会は残念ながら欠席しましたので、その時の話を聞くのが楽しみです。

といことで、行かれた方、是非報告お願いします! ね!川尻さん
[PR]
by sagaskm | 2007-12-07 20:21 | 車いすマラソン

要チェック!

f0146577_20455478.jpg
明日夕方6:40からのNHKニュースで先日の車いすマラソンの時の様子を取り上げて頂けます!
佐賀県のみですが・・・。
お時間がある方、是非ご覧ください。

ケーブルTV便りというコーナーです。
事前に取材とかあったのだけどあれも写るのかな?
何はともあれ、要チェックです!
f0146577_2045278.jpg


昨日写真を撮ってくださった方のデータをいただきました。
でも、個人的な理由でなかなかまとまった時間がとれずにいます。
早めにご紹介できるようにしますので、もうしばらくお待ちください。
こちらの写真はその中の2枚。
[PR]
by sagaskm | 2007-11-19 20:47 | 車いすマラソン

読売新聞よりの抜粋

車いすマラソン再開
f0146577_2331839.jpg 第18回佐賀セラミックロード車いすマラソン大会(実行委員会主催)が11日、佐賀県有田町で開かれた。実行委メンバーの高齢化や資金難のため、昨年でいったん幕を閉じたが、存続を望む障害者や町民の声の高まりを受けて、陶都有田青年会議所と西有田商工振興会青年部を中心に新たな実行委を設立、再開にこぎ着けた。大会では、障害者と健常者が一緒に盛り上がった。

読売新聞 九州発 よりの抜粋

[PR]
by sagaskm | 2007-11-12 23:30 | 車いすマラソン
有田で車いすマラソン 120人疾走
f0146577_23173957.jpg

 第18回佐賀セラミックロード車いすマラソン大会(同実行委主催、佐賀新聞社など後援)が11日、西松浦郡有田町の県道大木有田線を舞台に開かれた。国内トップランナーから重度の障害者まで約120人が、紅葉色づく陶磁の道を疾走、中止の危機を乗り越えて開催にこぎつけただけに、沿道の声援もひときわ高まった。

 大会は1990年に始まり、障害者と地域住民の交流イベントとして定着していたが、実行委員会が高齢化と資金不足などで中止の方針を打ち出した。陶都有田青年会議所と西有田商工振興会青年部が代替わりする形で実行委を立ち上げ、大会を継続させた。

 この日は風が強くやや肌寒かったが、ランナーは5キロ、1キロ、500メートル、10キロの順にスタートした。障害の内容にかかわらず、体全部を使い懸命に走行。その姿に感動した小中学生らが「ゴーゴー」「最後まで頑張って」と力いっぱいのエールを送った。

 全国の強豪が集う10キロでは、4日のニューヨークシティマラソンで3位に輝いた副島正純選手(福岡市)が21分12秒で優勝した。よさこいなどのステージイベントも大会を盛り上げた。
f0146577_2318214.jpg
 1キロに挑戦した大分市の外山桃子さん(14)は「温かい声援のおかげできつくても最後まで走れた。毎年楽しみなのでこれからも続けてほしい」と話した。

佐賀新聞
の記事より抜粋です
[PR]
by sagaskm | 2007-11-12 23:16 | 車いすマラソン

招待選手のご紹介

うっかりしておりました!
今年の招待選手をご紹介することを失念しておりました。申し訳ございません。

今年は、副島正純(そえじままさずみ)選手、洞ノ上 浩太(ほきのうえこうた)選手のお二方です。
9/1に行われた、世界陸上大阪大会では1500mに出場され、副島選手2位(国内選手1位)、洞ノ上選手は4位(同 2位)、のすばらしい成績を残されました。
先月28日に行われた大分国際車いすマラソン大会をはじめ、様々な大会に精力的に参加されていらっしゃいます!副島選手は大分大会の疲れをとる間もなく、ニューヨークシティマラソンに招待選手として参加され、本日レースに参加された模様(詳しくはブログで
今年はどんな走りをされるのか?
北京オリンピックにもっとも近いトップアスリートの走りを間近でみる機会です!
是非、セラミックロードで声援を送ってください!

f0146577_23534567.jpg

昨年の10キロの表彰式の様子です。
左から2位副島さん、1位チョークさん、3位洞ノ上さん。


詳しいことなどは、ブログ等をごらんください。
精力的に車いすマラソンのレースに参加されているお二人の姿を見ることができます!
副島正純選手
洞ノ上 浩太選手
[PR]
by sagaskm | 2007-11-04 00:08 | 車いすマラソン
佐賀新聞の県内ニュースより目をひいた地元関連のニュースです。
地元有田町への寄付が?と思っていたら・・・

〈進出の日新電工、有田町に1000万円寄付〉
有田町 福岡市の配電盤製造「日新電工」(木原信吾社長)が二十四日、有田町に一千万円を寄付した。これを元に佐賀セラミックロード車いすマラソンの運営資金などに使う「日新電工地域振興基金」を設置する。二十九日の臨時議会に上程する。
 有田町庁舎であった贈呈式では、木原社長が岩永正太町長に目録を手渡した。岩永町長は「ありがたい。(基金が)生きるように活用したい」とお礼を述べた。十一月の車いすマラソンに百万円使うほか、消防設備やまちづくりにあてるという。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ということでこのご寄付のうちの100万円が車いすマラソンへの助成として使われることになりました!
車いすマラソンの関係者としては本当にうれしいニュースです。
ありがとうございます!
福祉関連の飢饉や募金やコンサートの収益金などで開催費用を準備していた事務局にとっては本当にうれしいニュースが飛び込んできたのではないでしょうか?
[PR]
by sagaskm | 2007-10-24 23:24 | 車いすマラソン